大豆

イソフラボンの摂取方法

イソフラボンは大豆に含まれている成分ですが、女性ホルモンのエストロゲンによく似た性質を持っていることから中高年以降の女性に役立つ成分としても有名です。
大豆といえば日本人にとっても馴染み深い食材ですね。
大豆を使用した食材からも摂取できますので、特に意識しなくても摂取できる成分です。

味噌、醤油、豆腐、豆乳など日本食では定番の食材からも摂取できます。
一応1日あたりのイソフラボンの摂取量は、70mg~75mgという目安があります。
食材で摂取する場合は納豆なら1パック、お豆腐なら半丁が目安となっていますのでこの程度なら毎日でも摂取しやすいですね。

他には、サプリメントでも摂取することができます。
但し1日の目安の70mg~75mgというのは上限なので、いくら必要な成分だからといって過剰摂取には注意が必要です。
というのもイソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンによく似た性質をもっているので、過剰摂取することで様々な障害が出る可能性があるからです。
女性特有のガン予防や、更年期障害の症状の緩和など期待できる効果も大きいのですが、過剰摂取することでデメリットになってしまっては困ります。
サプリメントで摂取する場合は、食材よりも効率よく吸収されるので上限を30mg~40mgとしています。
また、こちらのサイトでは食品から摂取するイソフラボンについて詳しく解説していました。こちらのサイトも是非ご覧ください。

これ以外の量を食材で摂取してもいいのですが、大量に摂取すればいいというのもではないので量の目安に注意しながら調節していきましょう。
例えば基本を食事で摂取するようにして、今日は少し足りないからサプリメントで補うなど毎日のメニューによってサプリメントを飲む日と飲まない日というのがあってもいいですね。
サプリメントは薬ではなく栄養補助食品なので、食品として考えることができます。
食事が不規則になりがちの場合は、サプリメントを取り入れるなど工夫してみましょう。
仮に75mgを超えたとしても毎日の場合はリスクも高まりますが、それが1日だけなら特に問題ありませんので神経質になる必要はありません。

Menu