大豆

きな粉でイソフラボン

イソフラボンは大豆に含まれている成分です。
なぜここまでイソフラボンが注目されるのかについては、理由があります。

イソフラボンは女性ホルモンの一種・エストロゲンととてもよく似た性質を持っています。
女性らしいカラダのラインもエストロゲンのおかげです。
骨を丈夫にするためカルシウムの吸収を助けたり、女性の美と健康にも欠かせないものです。
こちらのサイトにある、女性特有の悩みにイソフラボンの解説も大変参考になります。

個人差はありますが、平均的に50歳前後で閉経を迎えますね。
この時エストロゲンを分泌している卵巣の機能も低下するので、エストロゲンの分泌も低下してしまいます。
カラダの中のホルモンバランスが変わるので、これが更年期障害の原因にもなってしまいます。
足りなくなるとわかっているのですから、他の形で補えば予防や対策にもつながりますね。
しかしホルモン剤の場合は、副作用などもあるので誰でも気軽にというわけにはいきません。
そこで注目されたのが、エストロゲンとよく似た性質を持つイソフラボンというわけです。

大豆という自然の食材を原料にしているので、薬のような副作用もなく安心です。
大豆の加工品のひとつ、きな粉にもイソフラボンは含まれています。
大豆を炒ってそれを粉にしているので、丸ごと大豆の栄養も詰まっています。
但しきな粉をそのまま食べるというのも、ちょっと難しいですね。
パサつきますしむせてしまうこともあるので、一度に沢山は食べられませんし食べにくくなってしまいます。

きな粉でイソフラボンを摂取する場合は、スイーツやドリンクに使うのがオススメです。
例えばヨーグルトにきな粉と黒蜜をかければ、和風のヨーグルトを楽しめますね。
わらび餅にも、きな粉と黒蜜の相性は抜群です。
お正月にお餅を食べるときには、きな粉餅も美味しいですね。

きな粉は砂糖を入れればスイーツにも使えますが、そのままだと大豆の味しかしないので料理に使うこともできます。
粉末なので料理の隠し味にも使えます。
大豆の栄養そのままに旨みもプラスされるので、いつものメニューにきな粉をプラスしてみるのもいいでしょう。
また、ダイエットにも効果のあるイソフラボンについて詳しく解説しているサイトもありました。是非ご覧になってみてください。

Menu