大豆

納豆でイソフラボン

大豆に含まれているイソフラボンは、中高年以降の女性には欠かせない成分となっています。
年齢とともに体の中ではいろんな変化が起きます。
女性の場合は中高年以降、閉経を迎えます。
閉経を迎えることで卵巣の機能も低下するので、卵巣から分泌されているエストロゲンという女性ホルモンの分泌も徐々に低下していきます。
エストロゲンが減少することで、更年期障害や骨粗鬆症など様々な弊害も出てきます。
こちらのサイトでは、イソフラボンに期待される効能について解説されていました。

イソフラボンはこのエストロゲンととてもよく似た性質を持っているので、摂取することで足りなくなるエストロゲンの効果をイソフラボンで代用することができます。
ホルモン剤などとは違い、自然の食材を原料にしているので副作用などのリスクもなく安心して取り入れることができます。
但し大豆を原料にしているので、大豆アレルギーのある人は摂取できません。

大豆の加工品としては、味噌や醤油、お豆腐や豆乳といった身近な食材もありますが、やはり忘れてはいけないのが納豆でしょう。
大豆を発酵させた発酵食品ですし、イソフラボンも簡単に摂取できます。
ヘルシーで低カロリーだし、何より価格もやすいので毎日の生活にも取り入れやすいのも魅力です。

イソフラボンの1日あたりの摂取量の目安は、70mg~75mgを上限にしています。
納豆の場合は、1日1パックを毎日食べても問題のない量です。
刻みネギとおしょう油をかけてそのままご飯にかけて食べても美味しいですね。
納豆パスタ、納豆入りの玉子焼きなども美味しくいただけます。
納豆嫌いの人は無理に食べる必要はありませんが、この場合は他の大豆の加工品を選べばいいですね。

食事以外でサプリメントでも補うことができますが、サプリメントの場合は1日あたりの上限を30mg~40mgとしていますので、食事で摂取する量とのバランスも考えておきましょう。
カラダにいいからといっても過剰摂取は、逆効果になることもあります。
1日あたりの摂取量の目安を把握して、上手にコントロールしていきましょう。
また、イソフラボンの効果的なとり方について詳しく解説しているサイトがありました。こちらもご覧になってみてください。

Menu