大豆

おからでイソフラボン

イソフラボンといえば、大豆といってもいいほど今では海外でもすっかり有名になっています。
大豆は日本人の食卓にも馴染み深く、親しみやすい食材ですね。
お豆腐を作るときには大豆を蒸して絞った豆乳ににがりを混ぜて硬めます。
この時残る搾りカスは、おからとしても食べることができます。

お豆腐屋さんにいくと、大量のおからを格安で販売していますね。
カスというイメージも強いのですが、実は大豆に含まれている豊富な栄養が使った万能食材でもあるのです。
大豆の水分は豆乳として使われますが、皮にも栄養やイソフラボンは含まれています。
おからは栄養万点なのに、低カロリーなのでダイエットにも最適です。
また、こちらの解説サイトでは、イソフラボンの優れたアンチエイジング効果が紹介されていました。

おからといえば卯の花が定番レシピになっていますね。
おからと適当な野菜を、ダシと一緒にいため煮するだけなのでとても簡単です。
ご飯のおかずにもよし、お弁当に入れてもよしの美味しいおかずです。

おからはヘルシーなので、かさ増しとしても使えます。
例えばハンバーグに混ぜれば量はたっぷりなのに、お肉の量が減らせるのでダイエットにもカロリーを気にする人にもオススメです。
ハンバーグの種を肉団子にもアレンジできますので、肉団子用に味付けを変えればいいだけなので簡単です。
おからは、クッキーやケーキなどスイーツにも使えます。
満腹感があるのにカロリーは控えめなので、ダイエットクッキーにも使われていますね。
納豆や豆乳が苦手な人も、おからをアレンジした料理やスイーツなら抵抗なく食べることができます。

同じ大豆の加工品のお豆腐との相性も抜群です。
おからは水分が少ないのでパサつきやすいのですが、お豆腐を混ぜることで水分もプラスされしっとり感がアップします。
おからとお豆腐のハンバーグなら、満腹感もあるのにカロリーはグっと控えめなのでダイエットにも最適ですね。
カロリーは抑えていても、栄養は満点なので栄養バランスも良くなります。
何よりも安いので経済的だから、家計にも優しく健康管理ができます。
また、こちらのサイトではイソフラボンを上手に摂る方法について詳しく解説していました。
イソフラボンはカプサイシンと組み合わせて摂ると育毛効果が期待できるといわれています。

Menu