大豆

サプリメントでイソフラボン

大豆などの豆類に含まれているイソフラボンは、女性ホルモンの一種・エストロゲンととてもよく似た性質を持っています。
中高年以降の女性は、女性ホルモンも不足しがちなので積極的に補って行きたい成分のひとつですね。
大豆、小豆、黒豆といった日本人には親しみやすい食材にも含まれていますが、食材だけで必要な量を補うのには限界もあります。
そんな時に便利なのが、サプリメントです。

イソフラボンには、1日あたりの摂取量http://www.tourofcalifornia-solvang.com/には上限があるのも覚えておきましょう。
イソフラボンだけで見たときの1日あたりの摂取量の目安は、70mg~75mgを上限としています。
サプリメントで摂取する場合は、食材で摂取するよりも吸収率がいいので30mg~40mgを上限としています。
足りない分は無理に補う必要はありませんが、納豆なら1パック、お豆腐なら半丁までならサプリメントと併用しても毎日続けることができる範囲です。
毎日続けることは大切ですが、より効果を実感できる方法があれば試したいものですよね!
こちらにイソフラボンの効果的な摂取方法についてかいてありますので参考にしてください。

上限がありますが、例えばうっかりしていてサプリメントを飲んだのに、お豆腐を沢山食べてしまったり、毎食納豆を1パック食べてしまうこともありますね。
ごくたまにであればこれでも問題ありませんが、毎日過剰摂取するのはオススメできません。
イソフラボンは女性には欠かせない成分ですが、過剰摂取することでガンの原因になったり体調を崩す原因になることもあると言われています。
美容にも健康にも必要な成分ですが、過剰摂取にならないよう食事とサプリメントを併用するときには、量の調節も考えておくと安心です。
こちらのサイトでは、イソフラボンは更年期・美容の強い味方と解説されていました。とても参考になるので見てみてください。

サプリメントはあくまでも栄養補助食品です。
薬のように毎日飲まなければいけないということではないので、その日のメニューやイソフラボンの摂取量に応じて、量を減らすなど調節することが可能です。
もちろんサプリメントを飲んでいるからと、これだけに頼るのもよくありません。
食事との栄養バランスも大切だと覚えておきましょう。
またメーカーによっては含有量もちがってくるので、その量も把握しておきましょう。
こちらにイソフラボンの安全評価と副作用について載っていますのでご覧ください。

Menu