大豆

豆乳でイソフラボン

イソフラボンは大豆に含まれている成分なので、大豆の加工品や大豆を原料にしている食材からも手軽に摂取できます。
豆乳は豆のミルクと書くように、大豆を絞ってつくるのでイソフラボンも豊富に含まれています。
少し豆独特の香りはありますが、お豆腐を作る原料でもあるのでお豆腐が好きな人なら抵抗なく飲むことができますね。

最近は抹茶味やバナナ味など、飲みやすく工夫された豆乳も多いのでちょっと苦手な人はそういうものを選ぶこともできます。
牛乳が苦手な人や牛乳を飲むとお腹がゴロゴロする人も、豆乳なら抵抗なく飲めますね。
豆乳はそのまま飲んでもいいですし、フルーツジュースや抹茶アイスなどと一緒にミキサーにかければ豆乳ドリンクとしても美味しくいただけます。
また牛乳を使う料理に、牛乳の代わりに豆乳を使うことでカロリーも抑えることができるのでオススメです。
パンケーキなども牛乳ではなく、豆乳を使ってみましょう。
そうすると子供も美味しくイソフラボンを摂取することができます。
私は子供の健康だけでなく、万が一に備えて学資保険にも加入しました。
詳しくは学資保険を選ぶポイントをご覧ください。

話は戻りますが、豆乳ベースのお鍋も人気ですね。
豆乳は豆独特の香りはありますが、慣れると意外とクセがないので料理に使う人も増えています。
人気なのは豆乳にコラーゲンたっぷりの鶏肉を使ったお鍋ですね。
好きな野菜を入れれば栄養バランスもばっちりです。
ダシとも相性がいいので豆乳鍋は女性にも人気です。
寒い時期には豆乳を使ったお鍋もいいのですが、ホット豆乳もオススメです。

体も温まりますしイソフラボンも摂取できます。
少し甘味が欲しい時にはハチミツを入れれば栄養バランスも良くなりますし、お子さんにも飲みやすくなります。
豆乳はそのまま飲んでもいいし、料理にスイーツにといろんな使い方ができるのも魅力です。
食事の前にコップ1杯の豆乳を飲むことで、満腹感が得られ食事の量をセーブできるのでダイエットにもピッタリです。
カロリーも控え目ですし、女性に必要なイソフラボンも摂取できるから一石二鳥ですね。
いろんな使い方ができるので、サプリメントではなく食材からイソフラボンを摂取したい場合は豆乳もオススメです。
また、こちらのサイトではイソフラボンの必要摂取量についての詳しい解説がありました。是非ご覧になってみてください。

Menu